未成年

ニキビの悩みは未成年だけじゃない

若いころにニキビに悩まされた人は多いのではないのでしょうか。
ニキビは思春期の証、そう思っている人もいるでしょう。
しかし、ニキビの悩みは、未成年の物だけではないんです。
二十歳以上の大人でも悩んでいる人たちが多いのです。
これを「大人ニキビ」と呼びます。

未成年のニキビは、ティーゾーンや頬、おでこなどにできやすく、皮脂の分泌の活発化、性ホルモンの急激な変化によって引き起こされます。
この時期は、男性・女性の体の違いが顕著に表れてくる時期でもあります。
この時期を過ぎると自然と無くなる場合が多いのですが、ひどい場合だと、跡が残ってしまいます。
これに対して「大人ニキビ」と呼ばれるもの主な原因は、ストレスや生活習慣です。
あごや口の周りにできやすく、よく、吹き出物として勘違いされています。
そのため、処置を怠り、何度も繰り返し、跡を残してしまいます。
慌ててケアをしても、若いころとは違って、肌の新陳代謝が衰えているので、跡が残りやすいんです。
大人には大人のケアが必要です。

では、どのような対策がよいのでしょうか。
若いころの様に、洗顔、化粧品の見直し、薬の使用だけでは根本的な治療にはなりません。
まず、大きな原因であるストレスは、ホルモンのバランスを崩し、肌の調子を悪くします。
無くすことはできないので、上手く発散することが重要です。

そして、生活習慣です。
毎日、夜遅くまで起きている、栄養バランスが偏っている食事をしている、この様なことを続けていると、体の中がボロボロになります。
ニキビは、体の表面に出来るものですが、体の内側とも密接に関わっています。
肌は内臓の鏡です。
十分な睡眠を心掛け、バランスの整った食事をすることです。
また、体の代謝にかかわる、ミネラルやビタミンをサプリメントで補うことによって、肌の新陳代謝を高めることができます。
このように、未成年と大人の体の違いをしっかり把握し、適切な治療を行っていくのが大切です。