未成年

ニキビは保険で治せる?

現在、ストレスや不規則な生活が原因でニキビに悩まされる人が多くなっています。
しかし、洗顔をこまめにしたり、化粧品を変えてみてもいまいち効果がなくて困っている人が多いのではないでしょうか。
市販の薬、民間療法では限界がありますね。
現在、ニキビは皮膚科で治療が可能です。
自分流で治すよりも、専門家に任せたほうが確実かもしれません。

しかし、病院へ行くと、治療によっては高額な費用を払わなくてはいけません。
ですが、ニキビ治療にも保険内で出来る方法があるのです。
皮膚科保険がきく治療には、ディフェリンゲル・抗生物質・抗カビ剤・ホルモン剤・ビタミン剤・漢方などがあります。
ディフェリンゲルとは、毛穴の汚れを取り詰まりを無くす、つまりピーリング作用がある外用剤です。
肌を清潔にしてニキビのない肌にしていきます。
抗生物質は内服、外用剤があり、繁殖した菌を殺菌する作用があります。

特に、今まさに炎症を起こして腫れているニキビに効果を発揮します。
ビタミン剤は皮膚の新陳代謝や保護をする働きのあるビタミンを主成分にしたものを内服します。
栄養不足が原因のニキビに効果があります。
抗カビ剤は、ニゾラールローションを使用します。
ニキビ菌といえばアクネ菌が有名ですが、肌の上に、マラセチアと言う真菌が繁殖して出来るのです。
そのマラセチア菌を殺菌する作用があります。

特に、身体にできるニキビに効果的です。
漢方は、炎症を沈めたり、血の巡りをよくしたり、ホルモンバランスを整える薬を内服しますが、直接患部に効くというより、その原因を作っている体質を改善するためのものであり、他の治療の補助という形で行われることが多いのです。
ホルモン剤は、ストレスが原因で出来るニキビに使われます。
また、保険適用外・自由治療で出来ることは、ケミカルピーリングや、レーザー、フェイシャルイオン導入などがあります。
これらの治療は直接患部に働きかけますが、高額な治療費がかかる場合があり、何か肌にトラブルが合った時も自己責任となります。
保険で治せるニキビ治療は数多くあります。
自分の肌の状態しっかりと把握したうえで、自分に合った治療を見つけましょう。