未成年

ニキビケアと「バナナ」の関係

ニキビケアと聞くと、洗顔や、サプリメント、病院などに行くことを想像するかと思います。
確かにそれは、治療への最短距離かも知れませんが、普段の生活を気を付けていないと、またすぐにぶり返してしまうのです。
特に、成人してからのニキビは、思春期のそれとは違い、ストレスや生活習慣が大きな原因となっています。
いくら表面上、治療を施したとしても、根本から原因を取り除かないと、完治は不可能になってしまいます。
そこでおすすめなのがバナナです。
え?ニキビにバナナ?と思われるかもしれません。

バナナには、多くの栄養素が含まれ、消化も良く、体内でエネルギーに変わりやすく持続性があるため、スポーツ選手が練習前に食べるのはよく知られていますね。
実はバナナには、このような効果の他にも、美肌効果が認められているのです。
バナナには、ビタミンA、ビタミンB6、タンパク質、カリウム、マグネシウム、繊維質が多く含まれています。
特に、ビタミンAは果物の中でも、トップクラスの含有量で、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。
ビタミンB6はタンパク質の代謝を助けます。

また、精神の安定を図る役割をします。
そして、骨、筋肉、臓器の生成に必要な栄養素です。
また、カリウムは、細胞内液の浸透圧を調節し正常に保ちます。
マグネシウムには、酵素を活性化させ、糖をエネルギーに変える力があり、代謝を助けます。

また、抗ストレス物質でもあり、神経伝達物質の生成を助けます。
そしてバナナには、便秘を解消する繊維質、オリゴ糖も含まれているため、便秘による肌荒れを解消してくれます。
バナナを食べることによって得られる効果はとても多いのです。
しかし、ニキビに直接効くわけではありません。
偏った栄養バランスを整え、内側から美肌へと変えてくれる助けをしてくれるのがバナナなのです。
今一度、自分の生活を見直し、内側から自分を変えて行こうとしたとき、バナナは、あなたを最大限に助けてくれるアイテムになるでしょう。